このページの本文へスキップします。

HOME > トピックス > 平成29年度ふじのくに食の都づくり貢献賞受賞企業「有限会社グリーンエイト」

トピックス

投稿者:静岡県 | 公開日:2018年03月23日

平成29年度ふじのくに食の都づくり貢献賞受賞企業「有限会社グリーンエイト」

企業名:有限会社グリーンエイト

茶葉を入れっぱなしにしておいても苦渋み、えぐみが出にくいという和紅茶。茶の葉は日光に当たると苦渋みが強くなるが、深い霧が日光を遮る両河内だからこそ苦渋みが出にくい紅茶ができる。

  • イメージ写真1

    子どもからお年寄りまでシーンを選ばずに気軽に飲んでほしい。両河内のお茶の魅力を知ってほしい。そんな思いから誕生した和紅茶は、パッケージデザインにもこだわった。

  • イメージ写真2

    「カフェがあることで若者や女性にもお茶の仕事を理解してもらえると思っています」と語る、代表取締役の北條広樹さん。

  • イメージ写真3

    新茶シーズンには製茶工場の雰囲気をカフェにいながら感じることができる。子ども向けのお茶メニューやスイーツも用意。

両河内の若手茶農家集団。お茶・和紅茶を県内外にPR

8軒の農家から始めた「グリーンエイト」は、静岡市清水区両河内地区の個人農家の生葉を受け入れ、荒茶加工を行う拠点茶工場。しかし、北條広樹さんが先代から事業継承を受ける頃、時代の変化によるお茶消費量減少にともない、茶工場の経営だけでは厳しい状況に。そこで30代の仲間3人で新しい舵を切り、他にできない付加価値をつけた和紅茶の生産をスタートし、6次産業化に着手。茶工場の一部を改装して「グリーンエイトカフェ」を併設し、県内外の催事等にも積極的に出展するなどのPRを行った。苦渋みがないグリーンエイトの和紅茶は評判が高く、百貨店等の催事でも好評。先方から声をかけてもらう機会も多くなったという。また、「茶畑ハイキング」などのツアーも旅行会社と共同企画し、静岡県内はもちろん、東京、名古屋からも両河内地区へ誘客を図っている。「今後はインバウンドまで視野に入れたい」と夢を語る。

<問い合わせ先>
有限会社グリーンエイト/グリーンエイトカフェ
[住所]〒424-0403 静岡市清水区和田島349番地の4
[URL]
有限会社グリーンエイト http://www.green8.bz
グリーンエイトカフェ http://green-8.com


HOME > トピックス > 平成29年度ふじのくに食の都づくり貢献賞受賞企業「有限会社グリーンエイト」