このページの本文へスキップします。

HOME > トピックス > 令和2年度ふじのくに食の都づくり仕事人貢献賞受賞企業「静岡ガス」

トピックス

投稿者:静岡県 | 公開日:2022年03月15日

令和2年度ふじのくに食の都づくり仕事人貢献賞受賞企業「静岡ガス」

企業名:静岡ガス 株式会社

「ウィズガス全国親子クッキングコンテスト」の実演風景。食材に楽しく触れ、学びながら、親子の絆を深め、食育の浸透を図ることが目的。静岡ガスは全社を挙げて取り組み、小学校や関連団体にも参加を呼びかけており、年を追うごとに盛り上がりをみせている。

  • イメージ写真1

    「ウィズガス全国親子クッキングコンテスト」静岡県大会表彰式の一コマ。書類審査から始まり、県内各地での予選大会を経て県大会への出場を果たしただけに、どの顔も晴れやかな表情に満ちている。

  • イメージ写真2

    「しずおか食セレクション」を食材にして作った料理の一例。県内各地の様々な「とっておき食材」を使い、できあがりを味わうことで、「ふじのくに」の豊かさに改めて気づくきっかけになる。

  • イメージ写真3

    「エネリアショールーム」を拠点に、地域の交流・活性化をもたらす食領域の提案を多彩に発信中。例えば、富士ショールームでは最新厨房機器を活用し、近隣飲食店とのコラボによる「エネリア食堂」を開店。

静岡市、富士市、駿東郡清水町の県内3カ所に「エネリアショールーム」を展開し、地域の生活者に向けた多様な料理教室を実施している静岡ガス。2018年からは「しずおか食セレクション」認定商品を使用する「食材の王国」ならではの講座を、キリンビバレッジと協同で定期開催している。参加者は男女を問わず、幅広い年代にわたり、毎回抽選になるほどの人気。これまでに「ふじのくにいきいきポーク」「さわやか富士の鶏」「富士山サーモン」などの肉・魚介類から、「アメーラ」「三島にんじん」「はままつ洋菜パセリ」「清水の枝豆『駒豆』」「海老芋」「清助どんこ」「シャンピ富士」といった野菜や茸、「伊豆の恵み」「美黄卵」など米や卵まで、バラエティに富んだ県産食材をレシピに取り入れ、地産地消の美味しさ、豊かさを伝えている。
一方、小学生とその保護者を対象とする「ウィズガス全国親子クッキングコンテスト」は、開催テーマの食育に加え、地産地消の推進にも貢献している。大会の審査基準には「エコへの配慮」が謳われており、自ずと県産食材が紹介されることになる。開催は年1回で、県大会で優勝すると地区大会を経て、全国大会へ進む仕組み。参加した親子が「炎」の調理を通してコミュニケーションを深めるだけでなく、「食の都しずおか」の全国アピールにもつながる。静岡ガス株式会社が加盟している静岡県ガス協会が2007年から毎年静岡県大会を開催しており、2012年以来9大会連続で応募者数全国最多を誇っている。
おうちごはんの価値が見直される昨今、同社の料理教室は意義をさらに高めつつあり、オンライン講座にも着手した。食品ロス削減運動も開始するなど、SDGsを意識した活動に拍車をかけている。「地域の声に真摯に耳を傾け、企業・団体と連携しながら、暮らしのお困りごと解決のお役に立つよう新しいことに意欲的に挑んでいきたい」と同社お客さまデザイングループのメンバーは目を輝かせている。

<問い合わせ先>
静岡ガス 株式会社
[住所]静岡市駿河区八幡1-5-38
[電話番号]0570-020-161(お客さまコンタクトセンター)
[URL]https://shizuokagas.co.jp


HOME > トピックス > 令和2年度ふじのくに食の都づくり仕事人貢献賞受賞企業「静岡ガス」