このページの本文へスキップします。

HOME > トピックス > 【令和元年度 仕事人受賞者のご紹介】渡邉 仁さん

トピックス

投稿者:静岡県 | 公開日:2021年03月25日

【令和元年度 仕事人受賞者のご紹介】渡邉 仁さん

最も得意とする先付け。地元産の野菜を季節の景色をなぞるように再現し、見た目にも美味しく仕上げる。

  • イメージ写真1

    “煮る”と言っても、さまざまな調理法がある。その中から食材に最適なものを選び、食材の持ち味を活かす。

  • イメージ写真2

    食事処にはダイニングと個室ダイニングがある。春の始まりは、窓の外に河津桜が咲き誇る個室ダイニングが人気。

地産地消を心がける「かね吉 一燈庵」では、地の食材にこだわり、海の幸、山の幸がふんだんに味わえる伊豆会席を提供する。東伊豆エリアの代表的な食材として、真っ先に思い浮かぶのは金目鯛。煮付けの印象が強いが、これまで多くの食材に触れ、さまざまな調理法を体得してきた渡邉さんの手にかかれば、酢締めにして寿司にしたり、タレを絡めて焼くなど、同じ食材が多彩に調理され、幾重にも印象が変わる。現代の名工でもある同宿の総調理長・猪爪康之さんを師に、茶事や包丁儀式を学び、おもてなしの心を深めながら、伊豆の素晴らしさを真剣に伝えようとする姿勢は、さながら求道者。食材への探究心は、料理の楽しさに目覚めた中学生の頃から変わらない。初心を忘れずに腕を磨き続ける実直な仕事人・渡邉さんの料理もまた「かね吉 一燈庵」にいっそうの彩を添えている。

静岡食材を使った人気メニュー
伊豆会席
伊勢海老のお造り3,300
さざえのご神火焼1,650

この店で使っている静岡食材
金目鯛・勘八・目鯛、伊佐木、苺、瓢箪南瓜・里芋(下田市)、山葵・ニュー^サマーオレンジ・蕗の薹・新玉葱(河津町)

仕事人渡邉 仁

かね吉 一燈庵

南伊豆町弓ヶ浜出身。高校卒業後、東京都内の食事処や割烹料理店で腕を磨き、地元のホテルに勤務。その後、もう一度腕を磨くために再び上京。エスカイヤクラブでさらに研鑽を積む。先付、前菜、焼物、食事、デザートまで、ありとあらゆる料理を任され、多くのことに挑戦したことが今の原点。築地に集まる全国津々浦々の食材に触れられたことも大きな財産となる。再び地元へUターンし、縁あって「かね吉 一燈庵」の板前に。現代の名工・猪爪康之氏(かね吉一燈庵総料理長)に師事し、包丁儀式や茶事を学び、和の料理人としてさらなる高見を目指す。

> 仕事人の紹介ページはこちら


HOME > トピックス > 【令和元年度 仕事人受賞者のご紹介】渡邉 仁さん