このページの本文へスキップします。

HOME > トピックス > 【平成29年度 仕事人受賞者のご紹介】藤口 晃一さん

トピックス

投稿者:静岡県 | 公開日:2018年11月22日

【平成29年度 仕事人受賞者のご紹介】藤口 晃一さん

ふじのくに膳(コースより)。藤口さんが目利きした静岡の美味は、ごはんと一緒に味わってもよし、お茶漬けにしてもよし。

  • イメージ写真1

    えびいも茶巾と牧之原のグリーンティー(コースより)。地場の海老芋を茶巾絞りに。お茶は県産の茶葉を藤口さん自らがブレンドしている。

  • イメージ写真2

    霊峰・富士、駿河湾、三保の松原、伊豆の山々。窓越しに広がる景色も「富貴庵」のごちそうの1つ。個室、座敷もある(別途個室料金が必要)。

霊峰・富士と三保の松原。世界遺産に登録された二つの絶景を望む日本平ホテル「日本料理 富貴庵」にて、副総料理長兼、日本料理総括調理長を務めるのが藤口晃一さんだ。関西で長く日本料理に携わってきた藤口さんは、2016年に現職に就任して以来、静岡の食材を積極的に用いている。たとえば「ふじのくに膳」は、桜海老としらす、久能の葉生姜のガリと静岡茶葉の佃煮、有東木のわさびなど、静岡県自慢の味覚が勢揃い。さらに、漆器は県産食材をあしらったオリジナル。目で見て、食べて、その両方で静岡を感じられる演出が心憎い。「静岡には、海老芋やつるむらさき、柑橘類など、まだあまり知られていない名産品がたくさんあります。今後も県産食材をどんどん取り入れていきたいですね」と藤口さん。窓の外に広がる壮大な景色を忘れて夢中になってしまう。そんな料理が「日本料理 富貴庵」にはある。

静岡食材を使った人気メニュー
ふじのくに膳(コースより)
えびいも茶巾と牧之原のグリーンティー(コースより)
静岡うなぎ御膳 6,500円
静岡膳(金目鯛煮付膳) 4,500円

この店で使っている静岡食材
金目鯛(下田)、桜海老(静岡)、しらす(静岡)、うなぎ(浜松)、牛肉(静岡)、わさび(静岡)、葉しょうが(静岡)、茶(静岡)など

仕事人藤口 晃一

日本料理・寿司処 富貴庵

1965(昭和40)年生まれ、大阪出身。関西を中心に料亭や割烹、旅館、ホテルにて修行し、さまざまな日本料理店で料理長を歴任する。2006年、ハイアットリージェンシー京都の日本料理レストラン「東山 Touzan」の料理長に就任。2016年2月より、日本平ホテル日本料理統括料理長を務める。

> 仕事人の紹介ページはこちら


HOME > トピックス > 【平成29年度 仕事人受賞者のご紹介】藤口 晃一さん