このページの本文へスキップします。

HOME > トピックス > 【平成29年度 仕事人受賞者のご紹介】木内 広昌さん

トピックス

投稿者:静岡県 | 公開日:2018年10月26日

【平成29年度 仕事人受賞者のご紹介】木内 広昌さん

「静岡県産野菜たっぷり五目おこげ」は、御殿場コシヒカリで手作りしたおこげが香り高く実に軽やか! 東富士農産の御殿場たまごを使うことで美しい黄色になる自家製生パスタは、多い時で年間4万食も出るという。

  • イメージ写真1

    「箱根西麓牛サーロインステーキ」は、世界農業遺産認定に向けて注目の県産ワサビと、御殿場の老舗・天野醤油の名物「甘露しょうゆ」でいただく。

  • イメージ写真2

    「時之栖」内にある「御殿場高原ビール」。客席460の「グランテーブル」では、ビールの醸造樽を見ながら食事が楽しめる。御殿場コシヒカリを使った「御殿場コシヒカリラガー」もオススメ。

霊峰富士の伏流水で仕込む新鮮な地ビールと、地場の幸を使った多国籍料理が楽しめるリゾートレストラン「御殿場高原ビール」。「『麦畑』は良い食材を揃えて提供するバイキング。『グランテーブル』は、ステーキに窯焼きピッツァ、中華と何でもあって色が出し難いですが、一つ一つはきちんと作っています」と、現在調理部長を務める木内広昌さんは力を込める。例えば、中華のおこげは上質の御殿場コシヒカリを専用に炊き一日かけて乾燥させ、パスタの生麺も全て地元の御殿場たまごを使い自家製する。その根底にあるのは、「原材料から料理を仕上げる」という信念だ。「今後は県中西部の野菜や海産物など新たな静岡食材を探して、より地産地消をアピールしたい」。そう語る木内さんには、もう一つの夢がある。それは、かつて調理長時代に追究したソーセージで、県産豚肉を使い後世に継承される逸品を作ること。熱き志を抱く仕事人の手腕に期待が集まる。

静岡食材を使った人気メニュー
自家製生麺使用のパスタ料理各種
箱根西麓牛サーロインステーキ 静岡県産ワサビ添え 3,000円
静岡県産野菜たっぷり五目おこげ(御殿場コシヒカリ使用) 1,490円
伊豆鹿のロースト 赤スグリのソース(期間限定品)1,490円
御殿場コシヒカリラガービール 400ml/637円

この店で使っている静岡食材
御殿場コシヒカリ(御殿場市)、天野醤油(御殿場市)、豆腐(裾野木村商店)、箱根西麓牛(三島市)、本わさび(静岡市・伊豆市・御殿場市など)、伊豆鹿・猪(伊豆)、イチゴ(静岡県)

仕事人木内 広昌

御殿場高原ビール株式会社

富士市出身。若い頃からブラスバンドに親しみ、最初は音楽家を夢見るも、父親がステーキハウスを営んでいた影響で料理の世界へ。大阪の調理師学校を卒業後、約半年のフランス留学を経験し、ヒルトン東京ベイに就職。レストラン「Ma Maison」で基礎を学ぶ。その後、旧メディアシティ静岡の「La Loge」を経て、1997年に当時同ビル内にあった御殿場高原ビールへ。静岡店閉店とともに御殿場に移り、「グランテーブル」で腕を振るう。約7年間料理長を務めたのち、2年前に調理部部長に就任。「料理と音楽を絡めた企画もやってみたい」と語る。

> 仕事人の紹介ページはこちら


HOME > トピックス > 【平成29年度 仕事人受賞者のご紹介】木内 広昌さん